これまでの取材記事

グルメ・観光

但馬地産の会 8月定例会

海の音~うみのね~

こんにちは。おさんぽたじま サブレポーターのよっしーです。この度 但馬地産の会 8月定例会に参加し、久しぶりに記事を書かせていただきました。最後までお読みいただけると嬉しいです。画像は一部 海の音さまのホームページからお借りしております。 今回お邪魔させていただいたのは、豊岡市竹野の『...

但馬地産の会 2017年4月総会

地産地消レストランベリッタ

「但馬地産の会」年度はじめの総会は おだがきさん家の八鹿豚をはじめ、但馬産食材にこだわったメニューを提供する 地産地消レストラン「ベリッタ」にて ベリッタは、国家戦略農業特区「兵庫県養父市(やぶし)」八鹿町伊佐(ようかちょう いざ)にあるレストラン。 本年度からは、但馬各地の中間...

但馬地産の会 2017年2月定例会

たじま高原植物園

「但馬地産の会」今年度最後の定例会は、 たじま高原植物園の石原シェフによる 「これが、但馬牛料理だ!」 断言タイトル。地産の会から案内が届いたときから、本物の但馬牛が頂けるとあって楽しみにしていました。 以前、お邪魔させていただいた時とはガラッと店内のインテリアをリニューアルし、 ( ...

但馬地産の会2016年10月定例会

西洋各国料理・創作フレンチ アミタ

国道178号線を、豊岡から香住に向かって走る途中 ずっと、なんのお店か気になっていました。 看板がなく、のれんだけで唯一お店であろうことがわかります。 奥ゆかしい、ただならぬ通の雰囲気・・・ こういうところって、おひとりさまではなかなか入りづらい。 地産の会に参加させて頂いていてよかっ...
城崎ギャラリー表看板

城崎温泉で、芸術鑑賞。城崎ギャラリー

城崎温泉で、気軽に立ち寄れる。城崎ギャラリー

城崎温泉駅の通りをまっすぐ北へ進んだ先の「地蔵湯」その先の路地奥にあるのが、cafe M’s style なごみ。店内に入ると2階に、気負いすることなく気軽に入れる「城崎ギャラリー」がある。 入場料は無料。その時に個展を開催している作家の作品も一部、購入が可能となっている。 旅先での、作...
笑顔溢れる宿 かどや

お客様に元気を頂き、その元気をまたお客様へ

美味し宿 「かどや」

普段はカメラマンとして取材に同行している、きっしーです。 今回は、カメラをペンに持ち替えて但馬の魅力ある企業、店舗さんを私がご紹介させて頂きます! 本日は、香美町にある『昭和45年創業 民宿美味し宿かどや』さんにお邪魔し、色々とお話を伺ってきました!水の綺麗な佐津海岸まで、徒歩約3分という立...
宿院

活き活き魚介がそろう店!

株式会社 宿院商店

山口県から鳥取を通り但馬をぬけ、京都市までを繋ぐなが〜い国道9号線。 その道中、養父市のはさまじ峠をのぼると、甲羅のつぶつぶがやけにリアルで食べられそうなカニの看板が見えてきます。 今回はそんな美味しそうな看板が目印の「株式会社宿院商店」にお邪魔してきたよ。 店内にはま...
イタリアンレストラン ヴェルデピアット

お客様の声と共に成長するお店

ヴェルデピアット

おさんぽたじまの取材に乗じて いろいろな経営者の皆さまからお話を聞くことでデキる男(モテる男)の秘訣を探り中の よっしー(自称ミュージシャン)です。 今回は養父市~のYタウンでイタリアンとケーキのお店「ヴェルデピアット」を営む坂本進也さん、理恵子さんご夫妻にお話を伺いました。 ご主人(シ...
cafe M’s style なごみ

城崎の街ぶらにピッタリ。

城崎の街ぶらにハマる。cafe M’s style なごみ

城崎温泉駅の通りをまっすぐ北へ進むと、橋のたもとに「地蔵湯」が見える。 その先の路地奥にあるのが、cafe M’s style なごみ。城崎温泉の隠れ家的なカフェと言った所だろうか。 店内は、気負いすることのない”ほっこり”とした雰囲気。 メニューは、和風創作スイーツ ...
かぐや姫

茅葺き屋根のお食事処

かぐや姫

昔話に出てきそうなこぢんまりとした茅葺き屋根の佇まい。 入り口の障子戸を開けると、大きな囲炉裏が迎えてくれます。 掘りごたつの客席は冬でもぽかぽか。お品書きには懐かしさを感じる手作りのメニューが並んでいます。 特に店主おすすめなのが、「よもぎうどん」と「よもぎもち」。使用するよ...
八鹿酒造有限会社

こだわりの自社米でつくる日本酒

八鹿酒造有限会社

こだわりの酒造りはこだわりの酒米の栽培から。 八鹿酒造では“秀明自然農法”で「酒米の王者」と言われる山田錦を栽培しています。 秀明自然農法とは、「作物に肥料を使うのは、人の健康に対する医薬や栄養の考え方と共通した誤りがある」という岡田茂吉氏(1882~1955年)により提唱された...
ゆば甚

トロトロのゆばが食べたい!

「ゆば甚」 有限会社 松田甚兵衛商店

わ! なんでしょう、この優しい大豆の香りと、フワフワな湯気であふれかえった工場は・・・! 今回は養父市小城にある、ゆば専門工場兼直売所、「ゆば甚」にお散歩してきたよ。お話を伺ったのは、ゆば一筋の二代目松田正司さん。 創業は80年以上。もともと、ご親戚が神戸でゆば屋...

おいしい水を特産品にしたい!

株式会社サン・ウォーター

「毎日2本以上飲みます」と、自慢の水でのどを潤しながら話すのは、株式会社サン・ウォーターの代表取締役、三木善晴さん。 元々は株式会社ミキホームの創業者。会長職に退いて後、養父市のおいしい水を特産品にしたいと、地下水を掘って新しい事業を始めたパワフルな方です。 平成23年に...

小学校が食品工場になった!

但馬醸造所

懐かしき学び舎…いえ、実はここ平成18年に廃校となった旧大屋町立西谷小学校です。 80%以上が森林という但馬地域において、私もまだまだ行ったことのない地域がたくさんありますが、ここもそのひとつ。名瀑天滝に近い、けっこうな山間部です。 お酢づくりなどをする食品製造会社がこの廃校を活...

蛇紋岩米って何!?

有限会社淨慶米穀

以前から、ちょくちょく耳にはしていたんですよ、ジャモン、ジュモン、ジャモンガン・・・ 蛇紋岩米ってのがこの辺じゃあ有名だってね。 でもそれが一体なんなのか。 正直全然知らなかった! これがちょっと聞いてみると、とっても美味しいお米だそうで、それは絶対に知りたい!ってことで今回は蛇紋岩米を主に取...

農業ってかっこいい!

〜楽農や〜 農業生産法人 株式会社Teams

目が覚めるような濃い緑の大地、どこまでも広がる青い空、その中でひと際目立つオレンジ色のつなぎ。昔からある農業のイメージを覆す、新しくかっこいいビジュアル。 今回は、豊岡市江原駅前にある「~楽農や~農業生産法人 株式会社Teams」の事務所にお散歩してきたよ。 Teamsは主に神鍋...

但馬で一軒、老舗のお味噌屋さん

こがね味噌株式会社

この辺りを通るたび“あれ”はなんぞや?と気になってたんですよ。 味のあるレンガ造りの煙突に「味噌?」の文字。 なんと但馬で1軒しかないという味噌製造会社でした。名前は“こがね”と読むらしい。創業は宝暦元年(1751)という老舗なんですって! 建物は、一部創業当時から残るものと、明治...
クレープ謹花

行列のできるクレープ屋 「謹花」

謹花 kinka

おおやスキー場になにやら行列のできるクレープ屋さんがあると聞いたので、早速行ってみた! おおー、本当にすごい人々。こんなに人口が集中しているところがこの但馬にもあるのだな...。 キッチンカーの中では三人娘が楽しそうに仕事をされている。 本日、お話をお聞きしたのは、辻麻衣子...
平山牛舗

ハッピーが満開、平山牛舗

有限会社 平山牛舗

『あそーれ、にーく! にーく! 』  2日に1回、恒例の肉肉コールが腹田家にはわき起こる。それほど、お肉大好きのわたくし&家族。野菜も魚も好きだけど、やっぱ肉がなきゃあ始まりません。 そんな大の肉好き腹田が今回もお散歩に行ってきました。 養父市八鹿町の美味しい肉屋といえば、平山...
サンファーム

産地が見える商品づくり「サンファーム」

サンファーム株式会社

突然だけど私、鶏肉料理が大好きっ!鶏肉って唐揚げや、ローストチキン、蒸し鶏などなど調理法や味付けによって印象がガラリと変わるので毎日食べても飽きない。それに他の肉と比べてコレステロールや脂肪分が少なく健康に良いんだって! 但馬の人にとって、身近な存在の“但馬どり”。知らない人も口にしてい...
さぬきうどん工房草庵

本場のお墨付き!絶品こだわりのさぬきうどん

さぬきうどん工房 草庵

「食べ物系取材は必ず行く」と断言していた腹田さんが、健康診断というやむない理由により泣く泣く私に譲ってくれました。 ルンルン♪ 私うどん大好きなんです! というわけで、さぬきうどん工房草庵へ。 知り合いのうどん好きが太鼓判を押すお店。来たかったんですよー。 早速注文...
中野醸造

家族でつくる家庭の味。

有限会社 中野醸造

今回は南但馬地域で親しまれているという「マルナカ醤油」を製造されている中野醸造にお散歩してきたよ。早速、醤油が作られている蔵を見学させてもらいました。この蔵、100年以上もの歴史があるんだって! このシンと冷たい蔵の中でもろみが成熟しておいしい醤油になるんだな~。 大豆を蒸す...