レポート

ハッピーが満開、平山牛舗

有限会社 平山牛舗

2015.03.23

『あそーれ、にーく! にーく! 』 
2日に1回、恒例の肉肉コールが腹田家にはわき起こる。それほど、お肉大好きのわたくし&家族。野菜も魚も好きだけど、やっぱ肉がなきゃあ始まりません。

腹田家伝統の肉おどり

そんな大の肉好き腹田が今回もお散歩に行ってきました。
養父市八鹿町の美味しい肉屋といえば、平山牛舗でしょう。

平山牛舗は但馬牛が自慢のお店。
おじいさんの代から受け継がれる、牛の知識と経験が活かされた精肉店。といっても、単にお肉を切り売りしてるだけじゃあないんです。
「週に2回は焼き肉を食べます。(一人焼き肉用のマイプレートもお持ちだそう!まけた・・・)
お肉大好き! 」と笑顔でお話ししてくださるのは3代目平山敏明さんと奥様の久美子さん。

笑顔が素敵な平山さん夫婦

平山さんは委託農家から牛を選び、買い、運び、食肉センターでと畜解体のお手伝いされている。全ての行程を自ら手がけるので、安心で安全な商品をお客様に提供出来る。

パッと周囲を明るくしてくれる存在の久美子さんは「人とのつながりを大切にしたいから、基本的には店頭で買っていただきたい」と語る。 お客さんの笑顔を見るのが心から幸せなのだろう。実際に店内は、ニコニコ笑顔のお客さんたちの姿が・・・。

充実のラインナップ
店頭ラインナップは但馬牛、約25種。豚肉、約10種、鶏肉少々。
但馬牛を使用した加工品、ハンバーグやコロッケなども揃う。
お肉以外にも、肉料理には欠かせない調味料や、季節に合わせた商品がズラリ!

お肉に合う調味料も充実大きな冷蔵庫
あっ、このタレ好き!お肉以外もあるみたい

豪快な切り身の但馬牛! すき焼きにしたら・・・考えただけでよだれが。

豪快な切り身の但馬牛
あら、見慣れないものが・・・これ、何ですか?

見なれない部位

この「蔵チクワ(コリコリ)」は牛の大動脈。もともとはチューブのような形をしているようです。
塩こしょうで焼き肉がお勧めらしい。クセもなくて食べやすく、お酒のあてにピッタリだそう。
その他にも牛、丸々一頭解体されているので、珍しい部位も手に入る。

初めての共同作業なぜか角を二人で持ってる図。
キーホルダーにする方がいるらしい。
新種のフルーツ!?これは新種のフルーツですか!? た、食べたい!

なんと牛の毛玉だって!
これはいくら私でも食べられない・・・
石のような形になっているのは牛の胃の中で
長い時間をかけ固まったものだから。
(ちなみにこれは滅多にとれないみたい)

肉タオルなんだこれ・・・?
肉タオル・・・「賞味期限、破れるまで」だって。
いいんですか、こんなものまでなんの気無しに
置いちゃって・・・ !でも面白い。
しかし、色んなものがあって楽しいな〜。 

美味しさの秘密って!?

ここのお肉をより美味しくしているもの、ご主人の“命”をいただく感謝の気持ち、奥様のハッピーオーラ。この2つが大きいように感じました。(もちろんお肉は一級品)

教えて!但馬のウマイもん。

お二人の『但馬で好きな食べ物』
ご主人はえびせんべい、とやっぱり但馬牛!(ヨッ!幸せ者!)
奥様は出石そば、但馬寿おばあかふぇのとち餅、とちおはぎ、黒豆茶、かぐや姫のよもぎ餅・・・
まだまだいっぱいありそうだったので、この辺で抑えてもらいました。

取材後に・・・いただきまーす!

奥様のおすすめの一つ、ハンバーグを購入しお家で早速いただきました。
「いや、コレ、うま!」
お肉の粒(ミンチ)ひとつひとつに弾力があって、ジューシーで本当に美味しい。 数々のハンバーグを食べてきたけど、1位!だね。これ、本当お世辞を抜きにして。
焼く時に出た肉汁で作ったソースも格別で、野菜にかけて食べても美味でした。

但馬牛ハンバーグ!!

有限会社 平山牛舗

〒667-0112 兵庫県養父市養父市場381
フリーダイヤル0120-804-129