レポート

但馬地産の会 2017年6月定例会

城崎温泉 小さなお宿 芹

2017.06.22

今回、地産の会に新しくご入会されました「夏は浴衣でそぞろ歩き♪」の、城崎にある
「お宿 」さんにお邪魔いたしました。

 

見てください。ロビーからのロケーション!!
緑がまぶしい!
※芹様ホームページからお借りしました。

 
お宿芹 芹澤社長は
現城崎旅館組合の組合長であり、地域の事も兄貴分として活躍されています。

但馬地産の会副会長の谷口さん(城崎cyaya社長)とは”温泉卓球”で出会い20年来のおつきあいで、まちづくりも一緒に取り組まれてこられたそう。
 
芹沢社長は、平成元年に城崎に帰郷。
現在の「お宿 芹」の建物は、もともと昭和48年に建てられた別の旅館が処分するにあたって、買って欲しいと言う話があり、36歳の時に一念発起!
 
 
人生に一度は勝負をかけなくちゃいけない。
 
「実際買ってみると、固定資産税のかからない庭(素晴らしいロケーション)がいっぱいあって、近くに住んでいてもこんなに景色が良いところは知らなくて、思い切って良かったと思っています。」
 
 

どうして、地域のことをされるようになったんですか?
 
「一番端っこなので、城崎温泉自体ががもりあがらないと、うちもなかなか盛り上がらないという思いで地域の事を一生懸命やっています。」
「たまたま、いい奥さんと巡り合ったので、僕は料理の事と、地域の事を一生懸命やって、上手に旅館を守るのは内助の功で・・」

 

それは、奥様に感謝ですね♪(*´艸`*)

 

「理事長になったとたんに、外国人観光客が減ったりGWあけでも厳しいのですが
なんとか、城崎の共存共栄の精神で、みんな一緒に盛り上がっていきたいと言う気持ちや、活性化しようと言う精神は変わらないので、みんなを引き連れてがんばっていこうと思っています。」

 
真夏を手前に、気温がグッと上がる熱さ。
地産の会がますます熱い会になりそうです。(((o(*゚▽゚*)o)))
 
「オーナーシェフといいながら料理をやってないやないかと言われるかもしれませんが
しっかりと段取りもしておりまして、おなじぐらいの年の板場さん2人と
本日はできるだけ、津居山の魚介をつかって
お料理をゆっくり、KIRIN一番搾り神戸づくりと共に楽しんでいただきたいと思います。」

津居山の食材を使った会席料理

ありがとうございます。しっかりと楽しませて頂きました♪
 
 
美味しい会席料理とお酒も頂いたところで、恒例??となっている近況報告。

 
(これ、私。結構ドキドキするんですよー。でも皆さん笑ってる。w)
こうした雰囲気も、笑いあり笑いあり笑いあり。
心底明るい但馬地産の会でした。

 
次はどこへお邪魔してどんな地産地消のメニューがいただけるんでしょうか?
楽しみです。(´∀`*)
 
 
最後に一言!
 
201603_趣味の呉服ゆうき_41

芹沢社長のおすすめの場所は・・・
なんといっても
一階のロビーと客室から見た四季折々の輝く景色ですよね。
のんびりと過ごせそうです♪
 
「お宿 芹」から見える 四季の円山川

 

城崎温泉 小さなお宿 芹

〒669-6102 兵庫県豊岡市城崎町桃島1297
0796-32-3368