レポート

但馬で一軒、老舗のお味噌屋さん

こがね味噌株式会社

2015.03.23

あの煙突は?
この辺りを通るたび“あれ”はなんぞや?と気になってたんですよ。
味のあるレンガ造りの煙突に「味噌?」の文字。

歴史を感じさせる看板黄金という名のお味噌なんと但馬で1軒しかないという味噌製造会社でした。名前は“こがね”と読むらしい。創業は宝暦元年(1751)という老舗なんですって!
建物は、一部創業当時から残るものと、明治時代に建て替えた蔵など。ここで昔ながらの醸造法を続けているそうです。
西村さん「代々受け継がれた但馬地域の味噌の味を失わないようにしたい」と話すのは、家業を継ぐ西村秀子さん。20代目にあたり、女性は歴代初めてだそう。
すごくお肌がおきれいなんですよ。これってもしや味噌効果!?いろいろと詳しく聞かねばなりませんね!

一旦は味噌と関係のない会社に勤めたという西村さん。
「ずっと家業を残していかなければ、という使命感がありました」と当時を振り返ります。
生まれた時から蔵と一緒になっている住居で育ち、当たり前だった味噌づくりの風景。家業を手伝いながら過ごした一人っ子の西村さんにとって、跡を継ぐのは宿命のように感じていたのだといいます。
角田は平凡な鹿家庭の末っ子…260年という歴史の重みは想像もできません。

この世界に飛び込んでもうすぐ20年。苦労されたことはありますか?
「とにかく頑張ろうという思いはあったけど、苦労と感じたことはなかったかな」

じーん…かっこいい。

歴史のある道具を大切に

長年使い込まれた木桶新しい木桶は一旦お酒などに浸して、食べ物の匂いを染み込ませてから使うといいます。
長い期間味噌を熟成させる木桶は、味噌の風味に直接関わってくる大事な物。空の状態で置いておくと木が傷んでだめになるので常時、味噌で満たしておくのだとか。古くから伝わる杉の木桶を直しながら大切に使っているそう。
大豆を煮るための大釜煮あがった大豆こちらは大豆を煮る和釜。鋳物でできているので沸点が高く、冷めにくいのが特徴。高温でふっくらゆで上がり、大豆の甘みが出るんだそうです。
「おそらく大正時代から使っているんじゃないかな」と西村さん。
100年ものの現役の道具たち。大切に長く使うと深い味わいが出てくるんですね、しみじみ。

伝統の味を守りたい

早朝から仕込み
仕込みの日の朝は早い。
西村さんは4時から準備し、従業員と一緒に午前中ずっと作業を続けます。
「私も従業員も自分の目ですべての工程を見ているので、自信を持って商品を渡せます」と、西村さん。

出来上がった味噌これまでに機械化を考えたこともあったそう。
「でもやっぱり手間をかけた天然醸造がうちの伝統の味。会社の存続を考えると新たな展開を考えて行かないといけませんが、基本の味だけは変えず残したい」と話します。

麹づくりは人の手で
麹づくりは人の手で。お米をまぜまぜ…(はっ!この辺りに美肌のヒミツがあるんでは!?)
むーんと暑い麹室で作業は続きます。

砂紋のようで美しい麹
最終的に熊手のような道具を使ってこのような状態に。
砂紋のようで美しい…
こうして麹の発育を促すんですって。

美しい
麹室の温度管理はとっても重要。
西村さんは夜中も1、2度見に行き作業するとか。まるで赤子のようにつきっきり!

輝け☆働く女性たち

女性スタッフの姿がこがね味噌の従業員は男女5名。みなさん但馬内の方。
1年目というフレッシュな堀内さんは7時半出勤。早い!

どうしてこの会社に?

「最初のきっかけは求人を見てなんとなく…でも今は仕事が楽しいです!」と満面の笑顔。
味噌づくりの工程を知り、ものづくりの楽しさを感じているそうです。

んー、ステキ女子認定!!

長年勤め上げた職人が引退し、西村さんは若手の人材育成の真っ最中。
「私が指示しなくても動いてもらえる範囲が増えた。仕事に誇りを持ってもらえたら」と話します。

若さを懐かしむ角田最近は、手伝いをする中学生の息子さんが様々な疑問をぶつけてくるとか。
「それがけっこう的を得ていて。ドキッとすることがありますね」と、西村さん。
経営者であり、母であり、両方の視点を感じました。

現在、但馬内のスーパーや道の駅、京阪神の加工業者の他、ロサンゼルスやハワイ、中国の日本食レストランにも販路があるといいます。また最近では、地元「但馬醸造所」とのコラボ商品「酢みそ」を販売。
「海外の販路拡大と新たな商品づくりは今後の目標。特に今は女性がどんどん仕事をする時代。安全でおいしくて忙しい女性を助けるような商品を考えたい」と、働く女性ならではの思いを教えてくれました。

日本人はやっぱりお味噌汁でしょちなみに私は「毎日のお味噌汁にどうぞ」とすすめてもらった昔ながらの定番商品「但馬天然 秘伝仕込 黄金」を買って帰りました。早速その晩豚汁に。

コクがあってまろやかなお味。うまいうまい。このお味噌、炒め物にも合いそうです。
明日は味噌炒めをつくろうっと!

教えて!但馬のココを案内したい!

こがね味噌株式会社 常務取締役 西村秀子さん
「夏は海(竹野浜とか)、冬はスキー場。神鍋のニジマス釣りもいい。1日ぼーっとできて、日差しが浴びれるところがいいかな」

こがね味噌株式会社

〒667-0021 兵庫県養父市八鹿町八鹿343-1
tel.079-662-2648